HOME > 施行実績 > 公共事業:京都工芸繊維大学大学院ベンチャー・ラボラトリー

公共事業

京都工芸繊維大学大学院ベンチャー・ラボラトリー

平成8年、京都工芸繊維大学・松ヶ崎キャンパス内に、国立大学の研究施設として、新鋭の研究設備を備えた建物です。
コンクリート打放しと煉瓦調二丁掛タイルを取り入れた外観やカーテンウォールを採用した吹抜のあるアプローチ、奥行きがあり複雑な勾配のトップライトのある3階まで続く大屋根等、大学教授のディティールを取り入れた設計となっています。
電磁シールド室等、研究棟ならではの仕上を施した部分もある等、施工する上での技術力を惜しみなく発揮した建物でした。

構造 鉄筋コンクリート造
規模 地上3階
延床面積 1601㎡
設計 株式会社 教育施設研究所
京都工芸繊維大学 営繕課