HOME > 施行実績 > 公共事業:京都府立清明高等学校

公共事業

京都府立清明高等学校

京都府下で初めて「京都フレックス学園構想」に基づき建てられた 全く新しいスタイルの高等学校です。
独自の体験実習型科目に対応した職業訓練室、美術工芸室、理科実験室等の特別室が多数あり、生徒は生活スタイルに合わせて授業選択ができます。 また、屋上緑化スペースや太陽光発電が設置され、環境への配慮も施されています。

構造 RC造
規模 校舎・体育館 地上2階
延床面積 校舎約6630㎡
体育館約1120㎡
設計 設計:株式会社環境デザイン研究所
施工:岡野・かねわ・稲継JV